前へ
次へ

求人応募の際に気を付けるべき事項

求人に応募する際にはまず、入社時期をきちんと把握しておかなければなりません。在職中の場合は特に入社時期を明確にしておかないと、退職のタイミングや後任への引継ぎ作業等に支障をきたし周りに迷惑がかかります。在職中での転職の場合はなるべくゆとりを持って入社時期を決められるよう、配慮するべきです。また「いつも求人を出している企業」には注意を払うべきです。常に求人を出している企業というのは、職場の雰囲気や待遇面等になにかしら問題があり、退職者が相次いでいるケースがほとんどです。好条件の求人だからと飛びつかず、少し疑ってかかり慎重になるべきです。あとは待遇や雇用条件、福利厚生等をしっかり確認することも重要です。お給料や休日等重要な雇用条件は求人サイトに記載されている内容だけで判断せず、面接時や職場見学の際によく確認することが大切です。自分からこれらのことを口にすると採用検討時に不利になるのではないかと考えてしまいがちですが、大切なことなので少しでも疑問に思うことがあれば遠慮せず聞くべきです。

Page Top